郵便局でお金を借りる

お金に困ったら時には郵便局で借りることを考えてみませんか?

長い不況下の下で、なかなか給料も上がってきません。

上がっても微々たるもので、かえって常日頃の生活の方の出費が多くなってきていると思います。

 

そのような時で、急な出費や大きな買い物など必然的にお金が必要な場面は多くあります。
けがや病気の医療費から、車や家電製品など故障した場合には必需品として買い換えなければいけないのです。

 

車を通勤で使っていれば、一般の公共機関が使えるところならいいのですが駅やバス停まで遠いなどの地理的要因から故障した場合ならば修理若しくは最悪買い換えも考えなくてはいけないのです。

 

その他のことでもなるべく遊興費などは、削っても会社などの付き合いはある程度は行かなくてはならないものです。
これらが積み重なっていくとかなり生活費の切り詰めをしても、それだけでは足りなくなる場合もあるのです。

 

このような場合に対処するためには、一時的にはお金を借りる必要があるのです。
お金を借りる場合には、一般的には銀行や消費者金融などを思い浮かべると思います。

 

あまり知られていないかもしれませんが、郵便局でもお金を借りられることをご存知でしょうか?
郵便局からお金を借りるには

 

郵便局からの場合には、担保があることが前提になっています。
無担保でお金を借りることはできません。
ゆうちょ銀行の総合口座を利用していて、条件に合致するのならば積極的に貸付を利用するべきだと思います。

 

担保もあるために、知らず知らずのうちに借りすぎてしまう心配も少ないとおもます。
また金利の低さも魅力ですよね。

 

まずは、ゆうちょ銀行の総合口座を持っているのならば今自分が必要なお金はどのくらいなのかを把握してお金を借りることのメリットがあるかどうかを検討してみましょう。

 

もし自分の希望とゆうちょ銀行の貸付の条件が合うのならば、下記貸付の種類や条件・貸付金利等を精査して申し込みを行ってみましょう。

 

貸付の種類

財産形成貯金担保貸付け貯金担保自動貸付けの2種類がります。

 

財産形成貯金担保貸付け

 

貸付の条件は、ゆうちょ銀行の総合口座を持っていてその口座で管理する財形定額、財形年金定額を利用している方は利用することができます。

 

内容

財形定額貯金、財形年金定額貯金又は財形住宅定額貯金を担保とし、請求時の現在高の一定割合に相当する額の貸付けを行います。

貸付の方法
ゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口で手続きできます。

貸付回数は担保とする貯金1件につき1回です。

貸付限度額
預入金額に利子を加え他金額の90%相当額

(ただし1契約につき300万円まで。)

貸付期間
貸付けの日から2年

(貸付けの日から2年の間に担保とする貯金が満期を迎える場合は、その満期までの期間)

貸付利率
返済時の約定利率(%)+0.25%
返済方法
貸付期間内に、貸付金額と貸付利子をゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口にて返済。

返済回数は1〜4回の範囲で選択。

 

必要書類
本人確認書類の提示の必要な場合あり。
注意点
貸付期間内に返済できない場合には、担保に設定された貯金を払い戻して貸付金および利子の返済に充てられます。

 

 

貯金担保自動貸付け

貸付の条件は、ゆうちょ銀行の総合口座を持っていてその口座で管理する定額貯金を利用している方は利用することができます。

 

内容

担保定額貯金や担保定期貯金を担保として、通常貯金の残高を超える払戻しの請求があったときに、その不足分が自動的に貸し付けられる自動貸付け方式です。

貸付の方法
:通常貯金の残高を超える払戻しがあったときに、その不足分が

      自動的に貸し付けられる。
      (総合口座通帳には、貸付高が「現在高(貸付高)」の欄に
       マイナス表示で記帳されます)。
貸付回数に制限は、ありません。

貸付限度額
預入金額の90%以内

(ただし1冊の総合口座通帳につき300万円まで。)

貸付期間
貸付けの日から2年

(貸付けの日から2年以内に担保とする貯金が満期を迎える場合は、その満期までの期間)

貸付金利

・担保定額貯金を担保とする場合
  返済時の約定金利(%)+0.25%
・担保定期貯金を担保とする場合
  預入時の約定金利(%)+0.5%

返済方法
貸付金額と貸付利子の相当額を、通常貯金に預入することで自動的に返済。
必要書類
本人確認書類の提示が必要な場合があり。

 

担保定額貯金・担保定期貯金のうち、担保とする貯金が2口以上ある場合は、次の順に貸付けを行います。
[1]貸付期間が最も長いもの
[2]貸付金の金利が最も低いもの
[3]個別番号の大きいもの

 

郵便局に総合口座がない場合や預入金額が少ない場合

 

郵便の貸付金利は低く設定してありますので、預金などがある程度あるのならば利便性もよく使い勝手があると思います。

 

しかしながら、郵便局とはあまり縁がない方も多いと思います。
また、口座を持っていても使っていないか預金があっても少額であるという人も多いかもしれません。

 

借りることが出来ないかまたは、借りることができても少額になってしまいます。
そういった場合においては郵便局を利用するメリットはなくなってしまいます。

 

しかし、お金が必要なときにはある程度期限が区切られてしまうことが多いものです。
そのため給料日までを一時的にまとまったお金を調達する必要がある場合で郵便局を李世できない場合には、どのようにすればいいのでしょうか?

 

その場合には、カードローンからの借り入れの選択を考慮してみてはいかがでしょうか?

 

 

カードローン

 

今まで一度も金融機関からお金を借りたことがない人や、借りたことがあってもあまり利用していない人などがいると思います。

 

今ではいろいろな種類のカードローンがあります。
銀行系なものや消費者金融系のものなどその特色も多種多様にわたっています。

 

カードローンの利点はまずは即効性がることではないでしょうか?
銀行の場合には、店舗まで行って書類を提出してから審査などを経て契約になりますが何日かを申し込んでから費やしてしまうことになってしまいます。

 

カードローンでは、
ほとんどのところがインターネットさえ出来る環境ならば、オンライン上で申し込むことが可能になっています。
申し込んでから審査も早いところが多くて、早い場合ならば申し込んだその日のうちに即日での融資が可能になっているところもあります。

 

その場合のの融資の方法は、自分の持っている銀行口座に振り込まれる形で行われます。
店舗まで申し込みいかなくていいので、部屋に居ながらにして申し込みができるので他の人にも見られるずに簡単な入力だけでいいのです。

 

これならば簡単に申し込みができますよね。

 

次のカードローンの利点としては、利便性があります。
カードが来れば、店舗までのATMに行かなくても住んでいるところのコンビニATMを使うことが可能になっています。

 

借り入れするときや返済する場合など、買い物ついでに出来るので大変便利なのです。

 

どのカードローンを選ぶべきかは、借りときの状態によります。
なるべく早く融資を受けたい場合には、審査も早くて即日融資可能なところ
返済を出来るだけ楽にしたいときなどは、貸付金利を中心に低いところを優先して選ぶ必要があります。

 

また、利用するコンビニの種類もカードローンによって違いますので考慮の必要があります。
以上のようになるべくならば郵便局を利用して、それが不可能ならばカードローンを考えてみましょう。

 

郵便局よりお勧めのカードローンはココ

 

カードローンは数ありますが、安易に選ぶのは禁物です。

 

CMなどをしていて安心のできる経営のしっかりとしたキャッシングを利用しましょう。

 

以下で紹介しているのは、低金利で返済負担の少ない大手のカードローンばかりです。

 

特にプロミスは30日間の無利息サービスを実施中です。

 

無利息サービスは、プロミスの場合、メールアドレス登録とWeb明細利用登録の方が対象となります。

 

どちらのカードローンともに安心して利用できますが、あえて選ぶなら30日間無利息サービスのプロミスのほうがおすすめです。

 

  おすすめ 実質年率 融資額 審査時間
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 最短30分
モビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 迅速

※審査時間は目安です。状況により前後します。